FC2ブログ

ヤリマクリ.com

ヤリマクりな日々の僕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最後の言い訳

 間に合って良かったということにしておきましょう。昨日25日のお昼過ぎに更新が終わりまして、2試合が終了していたものの、残りの2試合を含めて準々決勝の4試合の予想を当てた僕でありました……まったく自慢にも何もならない予想でしたが。
 3週連続でラグビーのお話から始めるのも何ですのでM-1の話題にでもいたしましょう。番組のオープニングから「本命不在」なんてテロップを入れちゃっていいのかよ、と思う間もなく始まった決勝戦。1番手の笑い飯がさぐりさぐりでネタを披露されていたのが印象的でありました。あまりにもブザマな姿を晒してしまった南海キャンディーズは……どうしようもないのかもしれません。同じ轍を踏まぬよう、来年以降チャレンジされる皆さんには注意していただきたいものです。
 決勝に進んだのはブラックマヨネーズ、麒麟、笑い飯の三組。「本命不在」ならばどこが上がってきてもいいはずですけれど、妥当なところに落ち着いたというところでしょうか。今年を最後に「10年シバリ」引っかかる品川庄司を最終決戦まで引き上げようとしていたスタッフの思惑も、あと一歩届かない願いとなってしまったのかもしれません。個人的には品川庄司でも笑い飯のどちらが決勝に進んでも良かったのではと思いますが、そうなると最終決戦の結果も違ったものとなってきたことでしょう。
 やっぱり、関西弁はウルサイですね。8組中6組が関西弁でしたでしょうかね。品庄とタイムマシーン3号以外は……困ったものです。ここまで関西弁でワメキ散らされるとせっかくの興にも水を差してしまうというもの、その辺は考慮していただきたかったものです、準決勝の審査員の方々には。
 最後までわからなかったのは敗者復活で上がってきた千鳥のおふたり。面白さを教えていただける方がいらっしゃればどうぞご教示を。あ、麒麟も同様です。この二組の魅力をお分かりになられる方はどうしても今年中に、宜しくお願いいたします。最終決戦については特に何もありません。それなりに知名度のあったこれまでの優勝者に比べて今回のブラックマヨネーズのおふたりは関西ローカルの芸人さんということで、テレビ局側はこれからちょっと戸惑う部分があるかもしれませんが、見ているこちら側には関係のないこと、来年早々からしばらくはこのおふたりの顔をウンザリするくらい見るハメになるでしょう。
 次へ参りましょう、ラグビーです。1回戦8試合の勝敗はまったくもって妥当なところへ落ち着き、2回戦も結局は下馬評通りの結果になるんじゃないか……と恐れていたら、あら、まったくその通りになってしまいました。4試合ともに各大学リーグの順位が上のチームが勝ちあがってまいりました。ですから、戦前に予想されていた勝敗で一番可能性の高いところへ賭けていた僕も4連勝で、通算12連勝。残りは準決勝と決勝の3試合となったわけであります。
 あと3試合の予想をここでいたしましょう、そんなにもったいぶるものでもないんですけれどね、○関東学院大?同志社大×、×法政大?早稲田大○、×関東学院大?早稲田大○。出来レースもいいところ、予定調和好きな日本人も辟易するであろう6年連続同じカードの決勝戦となると僕は読んでおります。同志社のよくわからない不気味な実力に賭ける方が多かろうとも、法政の「取られたらそれ以上に取ればいいじゃん」的なハチャメチャな展開を何度見せられようとも、決勝のカードは動かないだろう、と。
 ちょっとは不安なんですけれどもね。「圧倒的な力のチームに立ち向かう準決勝第二試合の法政」といえば、13年前と5年前の準決勝を思い出してしまうのであります。選手たちが真っ当な思考回路を断ち、シンビンを何人出そうが構わないという捨て身の、ちょっとキ○○イじみたときの法政ほど恐いものはないのです。あとは、公式戦の対法政戦で12年間負けていないジンクスを信じる他はないようです。あ、同志社はやっぱり準決勝止まりかと。ここまで出てきただけでファンには責任を果たしたと思ってもお正月の東京見物に精を出すのが宜しいかと。一部学生の引き起こした不祥事に対する来年の「志願者減」対策の一の矢としてはそのくらいでいいんじゃないでしょうかね。二の矢、三の矢があるのかどうかは知りませんが。
 どうして月曜だけは録画を忘れてしまうのか、一年の最後の最後まで原因を突き詰めて考えることをしなかった月曜日でありました。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/26(月) 00:00:00|
  2. 2005
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yarimakuri.blog74.fc2.com/tb.php/119-047d9ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

僕

Author:僕
ファンレターはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。