FC2ブログ

ヤリマクリ.com

ヤリマクりな日々の僕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成り上がり

 ヒューザーの社長が高卒の叩き上げ営業マンで、消火器など十数種のいわゆる「典型的な」品目を扱うセールスマンを経験、進学校だった高校の同窓会には必ず顔を出す……とそのくらいの情報についてはここ数日の間の報道で広く知られるようになったわけですけれど、どうも僕は今ひとつしっくり来ないところがあったんです。

 それが、例の自主制作か何かの演歌CDの報を聞きまして、やっと落ち着いてきたわけです。僕が社長に抱いていたモヤモヤ感の正体、それはあの社長が誰かに似ている……あ、ぴんからトリオの宮史郎だ、という図式ですっきりと晴れたのであります。時代を間違えているんじゃないかというテレビの生放送での方向をたがえた熱弁、見事な成金趣味で固められた豪邸、そして演歌。この人はもう少し早く生まれてくればもう少しうまく立ち回ることができたんじゃないか、ふとそんなことを結びにして僕もこの件に関しては考えるのをやめたのでありました。ま、年末の「今年の重大ニュース」みたいな番組が一通り終わって、年が明ける頃にはこの方の顔なんて誰も覚えていないなんていうことは自明の理、ネタは新鮮な時にしか食えたもんじゃないわけでして、さしたる大ネタもない報道各社にとっては格好の餌だったということでしょう。

 週末はラグビー三昧……といきたいところでしたが、あれ、トップリーグはいつ再開するんでしょうかね。これだけで週末の4?6時間が潰れるのもいかがなものかと考えていたのに、いざ1試合も放映されないとなると、それはそれでちょっと哀しい。代わりにといっちゃぁ何ですが、リーグ戦の優勝決定戦、関東学院大?法政大の一戦が放映されました。むむ、どうもこういう年の関東学院は脅威ですね。弱いと思ったら強い、下馬評が圧倒的な時には圧倒的に相手を叩きのめす、要は普通に強豪になったということなんでしょうか。決勝までは固いと踏みました、いかがなものでしょう。

 本日のテレフォンショッキングには金曜日の熊川哲也さんのご紹介で、出ました、秋元康。あ……本人も言っておりましたように、ちょっと痩せたかもしれません。一時期、胸焼けがするくらいに売り物にしていた「林家こぶ平の兄、秋元康です」というツカミが使えなくなっても宜しいのでしょうか。こぶ平さんも名前が代わったから畏れ多くてお名前を出すのが躊躇われるのでしょうか。

 それにしてもまだまだ秋元さんは次から次へと金ヅルを掴んでいるようですね。今は会津若松です、なんて言って自称「日本中の文化人が会津若松に集合する」というタウンミーティングやら何やらとかいうのを宣伝しているから、なぜ会津若松なんだと僕が思った傍から、「去年は豊橋でやって、毎年違うところで……」などと言っているではありませんか。危ない、危ない。タモさんのツッコミがなければ僕も騙されるところでした。

 後半はますだおかださんが登場。そういえばこのお二人、M-1優勝者の中では群を抜いて「いいとも」に出る回数が少ないように思えます。やっぱり松竹ではダメなんでしょうか。たった一度の決勝進出で10ヶ月後にはレギュラーの座に収まった南海キャンディーズに比べるとあまりに非道な扱いに思えてきました。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/28(月) 00:00:00|
  2. 2005

プロフィール

僕

Author:僕
ファンレターはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。