FC2ブログ

ヤリマクリ.com

ヤリマクりな日々の僕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

散髪事情

 床屋を変えてみたんですね。これまで通っていた床屋にちょっとした不信感を抱いたと書けばいいでしょうか。不信感というのは、肝心の髪を切っていただいた後のお話のことなんです。

 以前、僕が他人の結婚式へ出席した後に、床屋へ寄ったことがあるんです。普通ならば結婚式だの何とか式だの晴れがましい日の朝だとか、前日だとかに床屋へ行くべきであって、どうして終わった後に行くのかと思われる向きもあるでしょう。

 事実、床屋のマスターも普段はあまりスーツ姿で現れない人間が畏まって現れたものですから、目を真ん丸くして「ど……どうしたんですか?」と訊いてくるわけです。かくかくしかじか、今日は知っている人間の結婚式でという話をすると、「それだったら、行く前にウチへ寄っていただければいいのに」、マスターは形だけは残念そうに、肩を落とすそぶりなども見せながら僕に言いました。

 しかしですよ、僕は前々から疑問に思っておりまして、髪を切った後というのは切った毛というものが着ている服のあちらこちらに散らばっているじゃないですか。ドライヤーとか何とかコロコロ(とりもちが付いたローラーみたいなもののことです)で取ったって、全部が全部取れるわけではないわけです。

 加えて、シャツの中などに入った毛というのが、そこかしこで動いているようでチクチクと体を刺してくるわけです。そんな状態で晴れがましい席になんて行けると言うのでしょうか、皆さん。だからこそ僕にとっては、当日の朝に床屋へ行くなんていうことは考えられないことだというわけなんですが、これって皆さんも思っていらっしゃることなんでしょうか、どうなんでしょう。

 もしかしたら女性はまた事情が違うのかもしれませんが、男性の皆様にはこの意見に同意いただけるのではないでしょうかね。ただ、そんなことを言われたくらいで数年来通っている床屋を変えるというのはいかがなものか、と言われたらその通りなのですが。

 ちなみに今日初めて行った床屋でも状況は同じでした。というのも家へ帰る途中だったから良かったものの、僕の長年の懸案である「事後チクチク感がない」ということにはならず、先ほど風呂に入った際に髪の毛を洗っているとワラワラと切れ毛が這い出てきたのであります。

 それにしても、初めて行く床屋というのはどうも緊張しますね。予約なしに飛び込み、待合室の椅子に座っているときなどは、酔っ払って入った見知らぬソープランドの待合室で感じるドキドキ感というのはこんな感じなのではないかとさえ思ってしまいました。何をするにも、既知のお店というのはなかなかありがたいものなのかもしれない、という教訓でありました。

 はい、ということで「いいとも」は恒例の録画忘れです。月曜日だからというわけではありませんが、気が抜けておりました。明日こそは、と心にもないことを誓いながら床へ就くことにいたします。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/14(月) 00:00:00|
  2. 2005

プロフィール

僕

Author:僕
ファンレターはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。