FC2ブログ

ヤリマクリ.com

ヤリマクりな日々の僕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロ市民

 良い天気が続いております。この間まで毎日ジメジメして洗濯を控えておりましたので、ここ数日の好天にも「ダマされないぞ!」と、洗うのを躊躇っている間に我が家の洗濯箱もお陰様で150%の容量を誇るようになりました。で、ここらで「もう雨は降らないのか……」とうっかり洗濯なんかしちゃったものなら、きっと次の日にはゴロゴロと雷を鳴らしながら、雨雲が我が家の上空に陣取るのですから始末に終えないんです。

 なんですか、大田区のほうではマンション建設を巡って地域住民と施工主側が対立しており、とんでもない事が起きたように報道をされているようですね。話を聞けば、マンション建設予定地は以前、こんもりと茂った森と一軒家が建っていたらしく、その緑を守れとか住民側が叫んでいるようなんですね。

 僕のような人間にとってどうでもいい事には変わりはないんですけれども、どうも住民側の言い分を聞いてみると、腹の立つことばかりを言っているようですね。曰く、「勝手に木を切断するな」「地域住民の緑を守れ」……。緑地を残したとして、すべての責任と金銭的負担を出す気もないアナタ方こそ東京から出て行ったほうがいいと忠言するような方はいらっしゃらなかったんですかね。どうも映像を見る限り、ああいう方々のバックに「頻繁に」影をチラつかせる特定政党の臭いがしてなりません。今後マンション一棟建てる毎に、一本の木も切っちゃいけないなどとああいう方々が出てくると思うと、暗い気持ちになってしまうんですね。

 ずいぶんと身勝手な方々を、また面白おかしく報道しちゃう方にも問題はあるわけで、モザイクが入った施工主側の人間を追及する前に、平日の真昼間から堂々とデモ行為なんかに従事しちゃっている面々のはっきりとしたお顔をつぶさに映し出しておけば、監督官庁や公安委員会等からも覚えが目出度くなるんじゃないでしょうかね。まったく、あそこの住民の皆さんは、そういう事が通用しなくなる世の中になりつつある、ということにいいかげんに目覚めていただきたいと思うばかりです。

 そんな問題は国際弁護士の湯浅卓さんも解決できるはずがない……ということで「いいとも」へ参りましょう。僕の記憶が正しければ「人材発掘のエキスパート」、浅草キッドによって見事掘り出された湯浅さんも最近ではバラエティ番組への出演を拒むことなく、ついにテレフォンショッキングにまで登場してしまいました。僕が危惧していたような、湯浅さんのジョークに観客が引くようなこともなく、タモさんが上手く湯浅さんを調理されておりました。残念なのは、爆笑問題、品川庄司の待ち構える後半まで湯浅さんを引っ張り出せなかったこと、おそらく2組も同じ気持ちでいるに違いありません。

 「お茶の間寄席」は4回連続の芸術協会、きましたこれ。いつもよりもベテランが多かったのが救いなのでしょうか。春風亭柳桜師「桃太郎」、橘ノ圓師「噺家の遺言」、春風亭小柳枝師「たがや」の3席、柳桜師は「お茶の間寄席」で拝見したのが初めてだったかもしれません。そういえば今月中に柳桜師のご著書が「落語界の岩波書店」、うなぎ書房から刊行されるというニュースを拝見いたしました、早速買い求めねばとまたブックオフへ可愛い我が子を売りに行くことを決意した、血も涙もない僕でありました。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/02(水) 00:00:00|
  2. 2005

プロフィール

僕

Author:僕
ファンレターはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。