FC2ブログ

ヤリマクリ.com

ヤリマクりな日々の僕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3連覇

 シリーズのお話は後にして……。またもや本日、「いいとも」の録画を忘れておりました。3時間後の「お茶の間寄席」は予約しているにも関わらず、です。一番見応えのある水曜日を見逃してしまうというのが、最近の僕のモチベーションの低さをよく表しているようで、あと2ヶ月の辛抱と気分を換えて明日から臨むことができるかどうか、不安になってしまいました。

 ということで、まずは「お茶の間寄席」から。ううむ、また芸術協会ですか。これでお休みだった先週を挟んで3回連続で芸術協会です。反動としか思えなく、来月は逆に落語協会の噺家さんたちが立て続けに出演されることを祈っております。桂米福師「芋俵」、桂竹丸師「秘伝書」、三笑亭夢丸師「辰巳の辻占」の三本でありました。いや、まだ本編を見ていないんですけれどね、ビデオを早送りしながら、タイトルだけ抜き取ってきました。今はとても本編を1時間流している心の余裕がなく……。

 さてと、一通り各局の優勝報道を拝見したところでシリーズのお話にいたしましょう。リーグ優勝決定戦となったプレーオフ最終戦とは違いまして、今回は遅くに放送したスポーツ番組のみ選手の一部出演となったようですね。試合展開は至って淡々としたものだったのですが、阪神の往生際の悪い投手起用で時間がかかったんでしょうね。

 1950、74と来て2005ですから、ほぼ25年から30年の周期で日本一になるチームのようですね。となると、次回は2030年あたりからが予想されるわけですか……今江とか西岡とか、その辺りが指導者としてチームに残っているか微妙な時期ですね、というよりもNPBがそれまで存在するのか、ロッテが球団を保有しているのかどうかのほうが怪しいようにも思えます。

 今年のシリーズで「殊勲選手賞」を選ぶのもバカバカしいと思っていたんですけれど、一応規定どおり敗北チームから選んだんですね、それが矢野選手ですか。そうですか、緒戦の3試合で30点を取られたバッテリーの片割れが殊勲賞ですか。檜山とか能見とか地味なりに「シーズン中とほとんど変わらない力量を見せた」選手は除外なんですね。常にチームを引っ張っていたということだけで矢野選手が評価されたのでしょうかね、それとも「チーム最多」の4安打を放ったことによるものなのでしょうか。よくわからない人選であります。

 あまり気づかれていないことかもしれませんが、これで3年連続でパ・リーグのチームが日本一になったことになるわけでありまして、視聴率でも戦力的な面でもパ・リーグがセ・リーグを凌駕したといっても良いのかもしれません。ちなみに過去におけるパ・リーグの3連覇以上は1956~59年の西鉄ライオンズ・南海ホークス、1974~77年のロッテオリオンズ・阪急ブレーブス、1986~88年、90年~92年の西武ライオンズと4ケースありまして、2003~05年のような「3チームによる3連覇」となると初めてということになるようですね。パ・リーグが戦力的に、興行的にもスペクタクル感溢れるものであると証明するひとつのデータとなるのかもしれなく、となるとやはり昨年度から再導入されたプレーオフ制度はホークスとその関係者以外のパ・リーグチームとファンにとっては、有意義であると位置づけることができるのかもしれません。

 そして、ロッテ日本一のお陰をもちまして、後日行われる大学・社会人ドラフトにおけるウェーバーの順番が確定、我らが広島カープが3巡目をいの一番に希望する選手を指名できることになりました。めでたし、めでたし……といきたいところですが、楽天が希望枠を使って某選手を指名してしまえば、こんな日本一はまったく価値のないものだと憤激する自分が想像できそうで怖くなってしまうのであります。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/26(水) 00:00:00|
  2. 2005

プロフィール

僕

Author:僕
ファンレターはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。