FC2ブログ

ヤリマクリ.com

ヤリマクりな日々の僕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 本日発売の「週刊文春」に「『いいとも』終了か!?」なんて記事が出ていたようですね。なんでも、タモさんの疲労と番組のマンネリ感が理由だとかいうことで、止せばいいのに後継番組のMCとして中居正広なんていう名前まで出しちゃっておりました。また、フジテレビとしても「いいとも」ブランドをすべてかなぐり捨てるというわけでもなさそうで、その後番組の名称を「iitomo!」だとか、そんな英語名にしたりすることも考えているとか。

 タモさんに関しましては、以前何かで「番組を辞めるとしても、自分から言い出すことはないだろう」というようなことを仰っていたようにも思えますので、万が一にも「いいとも」が終了するときは、フジテレビ側のテコ入れと見るのが良さそうです。

 そういえば、「タモリ倶楽部」も「ミュージックステーション」も長いですし、「今夜は最高!」も10年弱くらいは続いたんですかね。「ボキャブラ」はちょっと引っ張り過ぎた感もありましたが、総じてタモさんの番組は長く親しまれるものが多いのが事実でありまして、もうこうなったら「いいとも」はどうしようもなくなるまで続けるべきではないかとも思っちゃったりすることもあるんですね。ただ、この10年くらいの「いいとも」の「改悪」ぶりを見ていると、それが正しいのか否か、を考え込んでしまうこともしばしばあるわけで、まぁ、やっぱりタモさんに一任するのが真っ当なやり方なんじゃないかといつも結論付ける僕なのでありました。

 テレフォンショッキングには5年ぶりだという鈴木亜美さん、5年ですか、これも随分と長いインターバルですね。果たして今後の鈴木さんに、デビュー当時から騒動勃発くらいまでの盛り上がりを体験することができるのかどうか、見物ですね。後半はどういうつもりか蛭子能収さんがゲスト出演、「東京モノレールの浜松町駅はレールが一本しかないのに、本線に出るといつの間にか複線になっているのに驚いた」ことをマンガで説明、しまいには自分で答えを言い出しそうになり、レギュラー陣に羽交い絞め同様の扱いを受けるなど、騒々しい木曜日にふさわしいゲストだと見ることもできそうです。

 「いいとも」についてはこのくらいでいいですね、考えてみれば今年一番くらいのボリュームですね。これでは来年も続ける意志がないと見られても仕方がありません。

 明後日からの日本シリーズ、予想を忘れておりました。散々、ここで書いておかなきゃならないからいろいろとデータを引っ張り出してくるなんて言っておきながら、この体たらく。

 しかし。しかしですよ、皆さん。僕には予想を越えて本格的に応援しなければならないチームができ、そのことで頭が一杯になってしまっていると言えば納得していただけるのでしょうか。

 実はですね、日本シリーズ後に今年のドラフト第2弾、「大学・社会人ドラフト」が行われるんですね。これは先日行われた第1弾の高校生ドラフトと連動しておりまして、高校生ドラフトの前に大学・社会人の「希望枠」を使うと宣言している球団は、高校生ドラフトの2巡目を棄権しなければならなかったんですね。

 で、実際のところ、我らが広島カープとロッテマリーンズが「希望枠」を放棄、高校生ドラフトの2巡目を2球団だけで指名したんです。となると2球団は「希望枠」を指名することはできないわけですから、大学・社会人ドラフトでは変則的に3巡目からの指名となるわけです。

 広島カープは、「地元広島出身(しかも『あの』駒澤大卒!)、走・攻・守すべてに優れていると言われる日産自動車の某内野手」を3巡目、カープとしては「いの一番」で獲得しようと目論んできたわけなんですけれども、今日になって楽天イーグルスが同選手を「希望枠」、もしくは3巡目での指名に踏み切る可能性が出てきた、というところからちょっと状況が変わってきたんですね。

 「広島と楽天の指名選手が重なる」。高校生ドラフトの1巡目もそうでしたけれども、ここがポイントでありまして、3巡目以降の指名はウェーバー制であり、阪神が日本シリーズを制覇するとパ・リーグ最下位の楽天から指名が開始、逆にロッテが阪神を下すとセ・リーグドベの広島からウェーバーで3巡目が開始されるんです。まぁ、仮に楽天が「希望枠」で同選手を指名したら、それはそれでオシマイのお話なんですけれども、まだ楽天は複数の選手のうち誰を「希望枠」に充てるかは決めていないらしく、となると3巡目のウェーバーが重要になってくるということなんです。

 つまりは、10球団の「希望枠」を除いて最初の指名となる、「3巡目の1番指名」を勝ち取るべく、全国の広島カープファンが千葉ロッテマリーンズを応援する、という事態になっているんですね。同様のことは楽天&阪神間にも言えるかもしれませんが、あの両球団は今それどころじゃないことが周囲でいろいろと起きておりますからね、一枚岩とも言いがたいわけでありまして、われら「マリーンズ&カープ」連合の結束の強さには敵わないのではないか……と極めて楽観的に見ている僕なのであります。

 ということで、4勝3敗でロッテ。たった今、決めました。何が何でもロッテには勝っていただいて、ついでに高橋慶彦コーチと山崎健投手を返していただく……のは都合が良すぎる話でした、今は反省してます。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/20(木) 00:00:00|
  2. 2005

プロフィール

僕

Author:僕
ファンレターはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。