FC2ブログ

ヤリマクリ.com

ヤリマクりな日々の僕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内弁慶

 はい、10分後です。とりたてて新しい情報もありませんから、とっとといっちゃうことにいたしましょう。

 あ、「いいとも」はありますね、火曜日分。忘れておりました。テレフォンショッキングにはNIGOという、「浅ヤン」の特番にも出てきた方が出演されました。やっぱりタモさんよりも浅草キッドのほうがこの方をイジるには相応しいですね。今日だけはタモさん、場違いに思えました。

 後半は北斗晶さん、夜の特番の宣伝でやって参りました。すぐに終わると思っていた新コーナー2発、きっちりと参加されてほとんど見せ場もないまま終わりました。

 プレーオフが終わったと思ったら、週末には日本シリーズが開幕するんですね。ソフトバンクは1位通過から時間が経ってしまったことを敗因のひとつに挙げておりましたが、阪神はどうなんでしょう。甲子園での練習風景を見る限りでは、あまりそういうことは関係がなさそうですね。

 千葉マリンと甲子園、当たり前のことですがこの2球場がシリーズの舞台になるのは初めてのことで、密閉型のドーム球場を使用しないのは1998年の横浜?西武以来になるんでしょうかね。しかも独特の浜風を持つ2球場ですから面白くならないわけがないはずであります。

 今日からはちょっと日本シリーズの記録を振り返って見ましょうか。阪神は2リーグ分裂以降5回目の優勝、千葉ロッテも前身球団を含めて5回目とキリのいい数字なんですね。日本シリーズの成績はどうかと申しますと……。

 1962(昭和37) ●阪神2-4東映      1950(昭和25) ○毎日4-2松竹
 1964(昭和39) ●阪神3-4南海      1960(昭和35) ●大毎0-4大洋
 1985(昭和61) ○阪神4-2西武      1970(昭和45) ●ロッテ1-4巨人
 2003(平成15) ●阪神3-4ダイエー      1974(昭和49) ○ロッテ4-2中日

 どちらも可も不可もなく、という成績ですね。気になるのは、各シリーズの本拠地ゲームでの勝敗ということで、調べてみました。

 阪神は甲子園球場で7勝7敗の五分、ロッテは74年のシリーズで後楽園球場を本拠地扱いしたのも含めて3勝5敗、ちなみに1950年の第1回日本シリーズはフランチャイズ制を採っていなかったので除外いたしました。今年のシリーズは千葉マリン→甲子園→千葉マリンの順番ですから、もしかすると阪神が一気に千葉マリンで連勝、甲子園で日本一が決まる……という可能性もまったくないわけではなさそうです。まぁ、甲子園での通算7勝のうち3勝が一昨年の「内弁慶」シリーズのものなのですが……。

 シリーズ経験者が多くいる方が有利、という話もよく聞きます。その点、阪神は一昨年の主力が多く残っておりまして、大舞台にもあまり動じることはないでしょう。一方、ロッテは生え抜きに優勝経験者がおらず、移籍組で現在も試合に出ている「シリーズ組」の野手もベニー、フランコ、垣内哲也、井上純、くらいなものでしょうか。代田建紀、高木晃次といったところは当時シリーズに出ていたかどうかも調べる気力が湧きません。

 ただしプレーオフもソフトバンク優位と言われながら跳ね返したわけですから、何が起こるかわかりません、ということで4勝3敗で……勝利チームを予想するのはまた後日にいたしましょう。世間の空気を読んできます。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/18(火) 00:00:00|
  2. 2005
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yarimakuri.blog74.fc2.com/tb.php/190-032ee54f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

僕

Author:僕
ファンレターはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。